ご相談からアフターサービスまで。
地場ビルダーならではの住まい作りをサポートします。

家作りには、設計プランやインテリアコーディネイト以外にも建築法規や登記、資金計画、地鎮祭や引越しなど、様々な手続きが必要となります。私たちは専門的な立場から、地域特性を活かし長年の建築実績より培ったノウハウで、お客様の家づくりをトータル的にサポート致します!

住まいのイメージをお話下さい。
どんな家に住んで、どんな暮らし方がしたいか等、
住まいのイメージをできるだけ具体的に教えて下さい。

敷地の調査を行ないます。
敷地を有効に活用するために、立地や道路状況、
法的規制などの面から調査を行い、プランを決めていきます。

最適なプランを模型などを使ってご提案します。
お客様のご要望に沿い、法的規制や敷地条件、ご予算などを考慮した最適なプランをご提案します。
本体工事の他にも別途工事費、諸費用なども必要です。資金計画のこともご遠慮なくご相談下さい。
※確認申請後に変更があると、再申請が必要となり、再審査費用と日数がかかってしまいます。
十分なお打ち合わせをお願いします。

概算見積りをご提出し、内容のご説明を致します。

設備、内装、外装をトータルにご提案。
キッチン、バスルーム、洗面などの設備や床・壁・窓・外壁などを選んでいきます。
お客様のご要望をお聞きしながら慎重に決めていきます。
※トステムのショールームなどで実物を確認していただく事も出来ます。

お打ち合わせで決まったプラン、仕様をもとに正式なお見積りをご提出します。

契約を結びます。
すべての条件が決定したら建築工事請負契約書を締結します。
打ち合わせ通りの契約書かどうかご確認頂きます。
この時工事代金の何%かをお支払い頂きます。

着工に向けて先々までの予定を立てます。
ご融資をお受けになる場合は融資の申し込み、建替えの場合は仮住まい・
引越しの手配、工事着工前の近隣へのご挨拶など、今後の流れについて打ち合わせ致します。

プラン・仕様の決定後役所へ確認申請を提出します。
建築する建物が既定の条件に適合しているか行政機関にチェックしてもらいます。
申請などは弊社が行ないます。
工事の着工は「建築確認済証」が発行されてからになります。
ただし、借り入れを行う場合は、融資予約通知書が交付されてからになります。

先々の良好なご近所づきあいのために
工事中にはどうしても騒音などでご近所の皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいます。
着工前に、そのお詫びと今後の友好関係のためにもごあいさつをしておきましょう。
弊社スタッフも同行させて頂きます。

工事期間中の仮住まいへのお引越し
事前に仮住まい先を確保しておきましょう。
当面必要のない荷物などはレンタル倉庫を利用すると便利です。

今までのお住まいとお別れです。
庭木・庭石などがある場合は、移植・移動・保管などを造園業者に依頼して下さい。

着工に先立ち、地鎮祭を行ないます(ご希望の場合)
地鎮祭は工事に先立ち、土地の神を祀って敷地を清め、
工事中の安全と建物が何事もなく永くその場所に建っていられる事を願うお祭りです。
弊社から手配する事もできます。

いよいよ着工です。
敷地に建物の配置をなぞって縄をはり、隣家との距離や隣地境界線と建物の関係を確認します。
その後、建物をしっかりと支える基礎工事を行ないます。
※工事代金の何%かをお支払い頂きます。

骨組みが見えてきます。基礎工事が終わると、骨組みを組み上げます。
ご希望に応じて、先々の工事の安全を祈り、職人の労をねぎらう上棟式を行ないます。
最近は簡素に行うことが通例です。
※工事代金の何%かをお支払い頂きます。

3~4回細かいチェックを現場でお願い致します。

ついに完成です。
建具・電気・ガス・水道・設備・内装・外装・等が
取り付けられて建物が完成します。
完了検査を行います。

出来たてのわが家を検査する。
竣工に検査に立ち会って頂きます。
図面通りにできているかご確認下さい。

さあ、新しい生活の始まりです。
鍵・保証書などの書類の授受、住まいのメンテナンスの器具などの取扱説明をします。
アフターのご説明も致します。
※工事代金の何%かをお支払い頂きます。

毎日を楽しく快適に
お引渡し後もお客様の住まいを生涯にわたってサポート致します。
補修アドバイス、アフターメンテナンスなど住まいに関するあらゆるご相談に
きめ細かく対応致します。 また、リフォームのご相談も承っております。

アクセスマップ